FC2ブログ
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* thread: 経営コンサルタントからのアドバイス  * janre: ビジネス

* tag: ホワイトカラーエグゼンプション 

* category: HCM

ホワイトカラーエグゼンプションは経営プロフェッショナルを育てられるか 

ホワイトカラーエグゼンプション(WE)は年収1千万以上を対象とする模様です。政府は、残業代削減に加え法人減税で企業に国際競争力を取り戻させたいようですが、コスト面よりも製品・サービスの本質的な価値を高められなければ、競争力の回復は難しいでしょう。

実はWEと同じ「ホワイトカラーの成果創出と生産性向上」を目的として2000年代に導入されて大きな波紋を広げたのが成果主義型人事制度でした。成果主義は結局短絡的な人件費削減の道具となり果て、今日まで続くダメージを企業に与えました。

当時、「成果の定義とは何か」「努力やプロセスは評価されないのか」「成果の判定基準は適切か」「考課者の信頼性をどう担保するのか」という社員からの真剣な問いに応えようとしないマネジメントの姿を何度も目の当たりにしました。それらの企業が今どうなっているのかは推して知るべしです。

しかし、その当時のマネジメントが意を決して、社員に課す成果定義の前提となる企業のミッション、ビジョンを再定義することに真摯に向き合い、まさにマネジメント自らに課された成果を創出したうえで社員に向き合った企業は、その後の十数年を生き抜いています。

要するに、この企業のミッション、ビジョンの再定義とその戦略策定フェーズの難易度が非常に高いため、レディネスが整っていないマネジメントは日常業務の執行に逃げてしまい、この最も重要なテーマの検討を先送りしてしまうのです。例え難しくとも、じっくり腰を据えて真正面からビッグピクチャを描くことに注力できなければ、経営のプロフェッショナルにはなれません。これまでお目にかかった優れたマネジメントの方々は、業務執行とは別に、常にビッグピクチャをブラッシュアップする時間を確保していました。

労働者を搾取するブラック企業に対する制裁観念が普及した今、WEを人件費削減目的で導入することは最早許容されるものではなく、本来の導入目的である「成果創出と生産性向上」にマネジメント自らが取り組まなければ、たちどころに「炎上」してしまいます。そんな中で体たらくを晒したら、レピュテーションは地に落ち、経営が立ち行かなくなることも十分考えられます。そんなリスクを背負う意味はありません。マネジメントは真正面からこの難題に対峙する以外なく、一日も早く経営プロフェッショナルになるしかWEの導入目的を実現することはできないでしょう。

WE制度自体は早晩施行されると考えられますが、一旦施行された後は、なし崩しに対象者を更に拡大する(例えば平均年収以上)ことも懸念されます。同じ轍を踏まないような対策を併せて施行することが望まれます。今後とも注視していきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
HCMの関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。