FC2ブログ
06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* thread: 経営コンサルタントからのアドバイス  * janre: ビジネス

* tag: 就活  内定   

* category: ビジネス情報

大手選考解禁前夜、本来の目的を見つめ直して就活終盤戦を乗り切ろう 

経団連加盟企業の選考解禁日、8月1日が迫ってきました。多くの就活生は、この時期までに中堅・中小企業からの内定を獲得したうえで大手企業の選考会に臨みたかったことでしょう。でも残念ながらそう簡単にいかないのが就活です。


東京都内の合同会社説明会での様子 © 読売新聞 7/22

売手市場の今年の就活戦線ですが、就職みらい研究所の調査によると、7月1日時点での大卒内定率は48.5%(速報値)で、昨年同期比22ポイント以上低くなっています。大手の選考が8月以降にずれこんだ影響が大きい一方、一部の中堅・中小企業が早めに内定を出したものの、大手受験の保険にされたくない企業は内定乱発は避け、大手の出方を睨みながら8月以降に内定を出そうと考えていることも伺えます。

この時期は、内定がある学生にとっては大手企業アタックが中心となり、内定がない学生にとっては大手、中堅・中小を問わずまさに正念場となるわけです。また、就職先を決めるため就活を総括する時期でもあります。

そこで今日は「そもそも就活の目的は何だったのか」という原点に立ち返って、内定を持っている就活生は自分の就活を振り返り、未内定の方は現状を打破するヒント探しをしてみましょう。

チェックポイントは下記5点です。

1.どんな人生をおくりたいのか
2.それを実現するためには、どんな価値を社会に提供すればいいのか
3.いつ、どの程度の価値を社会に提供できるのか
4.それぞれの時期までに習得すべきレディネスは何か
5.20代のうちに何ができるようになりたいのか


では、順次説明をしてまいりましょう。

1.どんな人生をおくりたいのか

20代前半で人生観が明確になっていたらそれはそれで稀有なことですが、漠然としたものでも結構ですから、自分なりにどのような人生をおくりたいと考えているのか、実際に書き出してまとめてみましょう。「自分史」のような年表形式にするとイメージしやすいと思います。

この年表を作成するうえでの注意点は、次の2つです。

 (1).公私の欄を分け、「私」の欄から先に記入すること

   「私」欄には、結婚、出産、親との同居・別居、親とのお別れ、子供の進学等のライフステージを何歳で迎えたいと
   考えているのかを明らかにしましょう。「公」欄には、就職、転職、留学・進学、育児・介護休職、復職等の仕事との
   関わり方について、考えをまとめてみましょう。

 (2).精緻性に過度にとらわれず、キーワードを漏れなく書き込めればよしとすること

   この時点で内容の精緻性を追求する意味はないので、ある程度抽象的で構いません。

自分の人生について深く考えることで、何を大切にして生きていきたいのかという価値観が浮かび上がってきます。この価値観は就業観やキャリアプランに大きな影響を及ぼしますので、全ての基盤となる人生設計を概観することは最も重要なことであると認識してください。

2.それを実現するためには、どんな価値を社会に提供すればいいのか

思い描く人生をおくるためには、何らかの価値の提供を通じて社会に貢献することが不可欠です。多くの場合、それは働く事で叶いますから、どんな価値を産み出す仕事をしたいのかを考えましょう。

ここでの注意点は以下の通りです。

 (1).金銭的な価値貢献

   高収入を得る、即ち納税を通じた価値貢献を具体的にイメージすることはあまりありませんが、
   社会を維持・発展させるうえで不可欠な貢献ですので、自分なりにどれくらいの収入を得たい
   のかを一考する意味はあります。

   各省庁が提供する平均年収情報と、自分の能力を客観的に評価してシミュレートしてみましょう。
   生涯賃金が漠然とイメージできれば十分です。

   なお、仕事以外の収入(株式等金融商品や資産運用のディールを通じた金額)は含めても
   除いても構いませんが、就労意欲に影響するほど多額なら含めないほうがいいでしょう。

 (2).非金銭的な価値貢献

   教育、NPO、ボランティア、各種団体やコミュニティを通じた貢献が主なものになりますが、
   金銭的な価値貢献を遥かに上回る価値を創出することもありえます。

   仕事とのバランスを考慮して、どの程度まで注力したいと考えているのかを明らかにしましょう。
   
3.いつ、どの程度の価値を社会に提供できるのか

以降はこちらからご覧いただけます。

ここまでお目通しいただき、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
ビジネス情報の関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。