FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* thread: 経営コンサルタントからのアドバイス  * janre: ビジネス

* tag: 格付け 

* category: ビジネス情報

日本の格付け「AA+」に引き下げ 

日本の格付けが「AA+」に引き下げられました。
格付投資情報センターという国内格付け機関による初めての格下げです(News Release)。
政治家が税と社会保障の一体改革で難渋している状況を見て、
欧州経済危機のことをとやかく言っている場合ではなく、
先進国中最悪の財政を再建できる見通しを到底立てられそうにないと判断された結果です。

消費税をはじめとする諸増税と社会保障の削減なき財政再建などもはや無理であることは、
国民の半分は理解していますが、半分は嫌だと駄々を捏ねています。
これでいいはずがありません。
収入の倍ほどの経費を使う生活を維持し続けることなど成り立つはずがなく、
立て直すためには収入を増やして経費を削減することが必要なのです。

今回の格付け引き下げに対して、
野田政権は消費増税を訴えるにはかえって好都合とばかりに議論取りまとめに躍起になり、
政局の混迷を深めるだけになるような危惧を覚えます。
財政再建を先送りにすることは不可能であり、
今決断しなければ日本の財政破綻は回避できなくなるので、
政治家には政治生命を賭けた意思決定と政策断行を望みます。

また、政治家に「腹を括れ」というのなら、
国民自らも増税と社会保障削減を甘受するよう腹を括る必要があります。
所得税、住民税、相続税、贈与税、消費税等の諸増税をはじめ、
年金支給額削減、社会保険料引上げ、医療費負担増等、
収入の半分程度は諸税や社会保障費となる生活に備えておくことが大切です。

これらの観点を組み込んでなお利益を創出できる経営体制を構築するにはどうすべきか。
経営者が直面する課題は多岐にわたります。
お気軽にご相談ください。
関連記事
スポンサーサイト
ビジネス情報の関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hccfirm.blog.fc2.com/tb.php/19-389639dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。