FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* thread: 経営コンサルタントからのアドバイス  * janre: ビジネス

* tag: 約束 

* category: 未分類

小さな約束 

ビジネスは約束の積み重ねでまわっています。
遅刻しないという小さな約束から
業務提携やM&Aなどの大きな約束まで
ビジネスは全てのステークホルダーとの相互信頼のもと
成り立っていると考えています。

ある時、複数当事者の意向を調整後、結果を連絡することが必要な場面で、
一人の方と連絡がつかず当日中に電話しなかったことがありました。
「結論は後ほど改めて電話します」と自ら言ったにも関わらず、
「現状では何も決まっていないから、結論が出た時点で電話すれば良いだろう」と考えたのです。

後日、当事者のお一人と対面した時、ご指摘を受けました。

 「あの時、君は電話すると言った。
  大切な用件だから私は電話を待っていた。
  しかし君は電話をしてこなかった。
  その日に結論が出ないなら、その旨を伝える電話をすべきです。
  翌日結論が出ることがわかれば、
  私はそれ以上待つことはせず、別の用件のために時間をつかえた。
  君は私の時間を無駄にしたのです。
  自分が一度した約束は
  どんな小さなことでも絶対に守りなさい。
  それができない人は誰からも信用してもらえません。」

この瞬間にわたしは信用を失ったことに気付かされました。
メガバンク副頭取のご指導を深く深く胸に刻みました。


5年ほど前に関与した構造不況業種のクライアントがありました。
当時、ビジネスモデル改革を受け入れて頂けず、
陳腐化したビジネスモデルに拘泥して苦戦が続いていました。
近年同業他社の倒産や廃業が相次ぎ、
このクライアントの芳しくない話も耳にしたので心配で改めて伺いました。

売上向上のヒントについてマーケティング責任者の方と面談後、
通りがかった財務責任者の方にお時間を頂きたいとお願いしたところ、
慌ただしいご様子ながら「ちょっと待っていてください」とのこと。

30分ほど待った後
「やはり後日改めてほしい。日時は後ほど私から電話します」
とご回答頂きました。
こちらの急な依頼なのでそれも当然ですから、了解して辞去しました。
しかし、一週間待ってもお電話は頂けませんでした。

面談の目的は、資金繰りに窮していたクライアントの
キャッシュ確保に役立つ情報を伝えることだったのですが、
関与から数年経過した頃でもあり、
売り込み程度にしか認識されず、電話するまでもないとご判断されたのでしょう。

しかし、電話で用件をご確認頂く手間を惜しんでほしくはありませんでした。
なによりも、ご自身が交わされた小さな約束を果たして頂きたかったです。
この方への信用は損なわれました。

わたしとしては関与中のクライアントを優先する契約がありますので、
これ以上の申し出は差し控えることとしました。

現在この企業は倒産回避のため予断を許さない日々が続いています。
願わくば、何とかいい結果を得て頂きたいものです。

偶然ですが、副頭取のメガバンクはこのクライアントの筆頭債権者です。
副頭取は既にリタイヤされていますが、副頭取の薫陶を受けた後進の方々に
価値感が脈々と受け継がれてていることは想像に難くありません。

資金繰りの命運を握る銀行と一介のコンサルタントでは、
同じような対応をされることはないでしょう。
しかし、もしかしたら、、、という思いがふとよぎりました。

約束の積み重ねが信用を作り
信用の積み重ねがパートナーの信頼を得て
信頼の積み重ねでビジネスは成長する
ということを思い知らされた2つの経験でした。


わたし?3年前に失った信用、いまだに回復できていません、、、、(泣)
関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hccfirm.blog.fc2.com/tb.php/2-fa5c1e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。