FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* thread: 経営コンサルタントからのアドバイス  * janre: ビジネス

* tag: バックオフィス 

* category: ビジネス情報

バックオフィス革新による増収増益と利益率向上を実現せよ(1) 

内閣府より11月17日に発表された3QGDPが年率換算-1.6%(一次速報値)という数値を叩いた今、景気は明らかに失速していると言わざるを得ません。消費税引き上げ以降、中小企業のほとんどが厳しさを実感していたことを裏付ける結果なので殊更驚くことではありませんが、マイナス成長という事実を突き付けられると先行きに不安を覚えます。

そこで今回は、厳しい経営環境でも絶対実現しなければならない「増収増益」と「利益率向上」のひとつの手法として、バックオフィス革新について概観します。本テーマは下記の5回シリーズとなります。

【1】バックオフィスの現状を検証しよう
【2】ミッションを再定義しよう
【3】マーケティング機能を再設計しよう
【4】満足顧客創造機能を組み込もう
【5】マネジメントシステムを再構築しよう


ただその前に、

そもそも「バックオフィス」とは何か?

について定義しておきましょう。

バックオフィスの一般的な定義は、企業における基幹業務を担う部門、つまり経理、人事、購買、情報システムなどを指し、マイケル・E・ポーター氏のバリューチェーンで言う「支援活動」に該当します。

大企業ならこの支援活動の効率性を高めること、例えば「ERPやSCMの導入」「シェアードサービスセンターの設立」「アウトソーシング」などで利益を絞り出すことができますが、「中小企業における売上向上のドライバ(鍵となる要因)になり得るバックオフィス」となると、しっくりきません。

従って、中小企業におけるバックオフィスとは、ポーターが定義したものではなく、マーケティングをはじめとするフロントオフィスといわれる顧客と直接接触する部門における支援活動、つまり営業戦略・営業企画業務、店舗・代理店・チャネル管理業務、営業事務・庶務業務、顧客情報管理業務、そして営業日報や各種会議などの営業管理業務等であると再定義する必要があります。一言で表現するなら、SFA(Sales Force Automation:営業支援基盤)となります。

なお、ポーターの定義した支援活動の効率性向上も予算が許すなら実行しない手はありません。本来は、この支援活動を含めたうえで対処することが当然なのですが、ROI(Return on investment:投資対効果)を極大化するために限られたリソースをSFAに集中投下するとお考えください。

では、始めましょう。

<続きは web でご覧頂けます。>
関連記事
スポンサーサイト
ビジネス情報の関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hccfirm.blog.fc2.com/tb.php/42-d23d6e61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。